2008年09月15日

RemoteJoyLiteで動画キャプチャ

前回RemoteJoyLiteを導入したので、今回はそれで動画キャプチャを
やってみたいと思います。

動画キャプチャソフトはカマハルカの瞳とかFlapsが有名ですが、
正直設定がめんどいww
ですがRemoteJoyLiteではかなり簡単に出来たのですごいですね〜。
ただ少し問題もあったのですが…。

使用するソフト
・RemoteJoyLite ver0.15
RemoteJoyを起動したら、キーボードのEscボタンで設定画面を出します。



設定画面を出したらCaptureタブを選び、
AVIキャプチャを使用するにチェックを入れます。
音声も同時に出力したい場合は、
WAVキャプチャを使用するにもチェックを入れます。

※音声に関して注意点
RemoteJoyLiteはPSP画面をPCに出力するだけであり音は出力しません。
なので音を出すにはRemoteJoy4iRS Easy GUIの時のように、
オーディオケーブルをPSP側のイヤホン端子とPC側のLine端子に繋ぐ必要があります。
電気屋などで普通に売ってあるステレオミニプラグで大丈です。


FPSはお好みで選択してください。
FPSの値が大きいほどファイルサイズも大きくなります。

このままではファイルサイズが凄まじく大きくなるので、
Codecの設定をします。



私は画像のようにWindows Media Videoを選択しました。

あとは右下の設定保存をクリックして終了です。

実際にキャプチャを開始するにはF12ボタンです。
キャプチャを終了するときも同じです。

テストとしてイースをキャプチャしてみたのですが、別に動画がカクカカクするとか重いとかは感じなかったですね。
ちなみにファイルサイズは3分の動画で110MBになりましたw

ただ冒頭でも言ったように少し問題がありました。
音声もキャプチャしたのですが、動画ファイルと音声ファイルが別々に出来てしまったんですよね。
なので動画ファイルには音楽が入っていません。
音声ファイルには動画が入っていません。

これは私の設定が悪いのかそれとも仕様なのか…。
この件はまた後で調べてみます。

あと録画した動画なんですがこれです。



唯のテストで本当につまらないものですがw

110MBあったのをWindows Mediaエンコーダでエンコしたら
5MBになりましたw
圧縮しすぎワロタwww
しかもyoutubeにアップしたのでさらに圧縮がかかって非常に画質が悪くなってます。まあ唯のテストなのでいいんですがw

という訳で動画キャプチャ編でした。


posted by 店主 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | RemoteJoy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。